放っておくと顔のゆがみに?身体の痛みはマッサージで解決しよう

マッサージと聞いて、あなたはどんなマッサージを思い浮かべますか?「肩が凝って…」「腰が辛い…」「とにかく身体を楽にしてほしい…」など、日頃からの身体の悩みを解決すべく、いろいろなお店を試している方も多いのかもしれませんね。今回は大きく3つに目的を分けて、そのヒントをご紹介します。いちばんだめなのは痛みを放っておくこと。顔のゆがみにもつながりかねませんので気を付けましょう。

とにかく疲れを取り去りたい…リラックス重視のマッサージ

「とにかく疲れた身体を癒してほしい…」という方が思いつくであろう、リラクゼーションのためのマッサージ。肩から腰、太ももから足の裏まで、まんべんなくほぐしてもらうマッサージは気持ちのいいものですね。「身体のここが痛い」という身体の「痛みのサイン」が出ている場合は、整骨院など、専門家が『治療』を施してくれるお店の方が向いているのかもしれません。保険が適用されるだけでなく、その痛みの原因から治療してくれることが多いため、治りも早く、また再発もしにくいと考えられます。
「とにかく癒してほしい」「全身まんべんなくほぐしたい」という場合は、時間ごとに料金が決まっている、いわゆる「マッサージ店」もおすすめです。身体をほぐしてもらうだけではなく、施術者との会話が弾めば、気持ちも一緒に楽になるかもしれませんね!

もっと動ける身体が欲しい!スポーツ愛好家向けのマッサージ

身体の疲れを取るとりも、もっと楽に動けるようにマッサージをしてほしいという運動愛好家の皆様もおられるでしょうか?そんな方々には、スポーツトレーナーというような身体の専門家に頼ってみるのもひとつの方法です。
「スポーツマッサージ」から「筋膜リリース」や「ストレッチ」といった手法など、マッサージにとどまらない方法を、あなたの身体に必要なものを選んで施してくれるトレーナーも増えています。フィットネスクラブなどでも「パーソナルトレーナー」という専門家が勤務していることも多く、あなたの身体のクセや動き方の傾向、姿勢などを総合的に見て、必要な改善方法を提案してくれます。
自分の身体に合った効率の良い方法、マッサージ以外の身体のほぐし方も見つかって、もっと動きやすい身体を作ることが出来そうです!顔のゆがみで悩む前に、身体の不調を取り除きましょう。

時間もお金もかけられない…でも身体を楽にしたい…

身体を楽にしたいけど、お店に行くお金も時間も無い…という方にも、まだチャンスがあります。あなたの身体の大まかな特徴さえ捉えていれば、自分で自分にマッサージをして楽になる方法も開発されています。例えば腰が痛い方。その中でも腰を丸めた時に痛い方は、ももの後ろ側やお尻の筋肉が硬くなっている方が多いのが特徴です。その方は、もも裏を自分でもみほぐしてみたり、テニスボールなどの少し柔らかいボールをお尻に当てて座ってみたり。膝が痛くなりやすい方は、太ももの外側を手でほぐしてみたり、ラップの芯などの丸い棒状のものを使ってコロコロほぐす方法などもあります。市販されているセルフケアグッズを活用するのもよし、それに近いものを身近で安価なものを活用して作ってみるのもよし。自分自身で行うので、強さを調整しやすいのも利点の1つです。
自分に合った方法で、気持ちの良い身体を作っていきたいものですね!