顔のゆがみも自宅でケア?お手軽マッサージ3選!

肩のこりや腰の痛み、顔のゆがみがあっても、時間やお金に余裕が無いからマッサージに通うことが出来ない、そんな人も多いですよね。しかしわざわざ外に出なくても、ちょっとしたアイテムさえあれば自宅でもカンタンに体をほぐせるんです。ここではその方法を紹介していきましょう。

マッサージクッションで極楽なひととき

みなさんマッサージクッションというものをご存知でしょうか。家電量販店などのマッサージ機コーナーなどで販売されていて、価格は安いもので5千円前後、高いものでも1万円前後で買えるものです。
その名の通りクッションの形をしていて、中にはモミ玉という電力で動く機械が入っています。これをコンセントに繋げて枕にすれば肩こりに、座って使えば腰のこり、もちろん太ももなど気になる部分はどこでもほぐしてくれます。専用のアダプターあれば車の中でも使えるので、助手席の人や車中泊の時にも使えますし、自分の体重の掛け方次第で若干のもみ具合は調節できます。また、体を温めながらほぐすヒート機能が付いているものもあるので冬は重宝すること間違い無しです。

あったかシートでじんわりほぐれる

こりはほぐしたいけどそんなにお金をかけたくはない、という人には、温熱シートがオススメです。ドラッグストアや通販でも色んなメーカーがたくさんの種類を出しているこの温熱シート。通常の鎮痛シートと異なり、張ってもヒリヒリとした痛みはなく、じわーっと温めてコリを奥の奥から和らげてくれます。人の手やクッションでマッサージをされている時はその場から動くことが出来ないのに対し、こちらはテレビを見ようがお茶しようが買い物に行こうが、行動が制限されることがないのも魅力的ですよね。直接肌に張るなんて熱いのでは、と心配する人も多いみたいですが、肌の弱い人や子どもでも問題なく使用できるくらいの気持ちのいい温度なので大丈夫ですよ。

ピンポイントで効く、ツボ押し棒

気持ちよさなんかいいから、とにかくコリを解消したい、もっと効くアイテムが欲しい!というなら、是非買ってみてはいかがでしょうか。家電量販店やハンズ、100均にも豊富な品揃えがあるツボ押し棒。肩、足の裏など体の部位によって専用の商品が用意されていて、お値段はかなりお手頃に設定されています。やっぱり人や機械に押してもらうより、自分で探ったほうがしっかりとピンポイントにほぐすことが出来ますよね。電動力がなく完全に手動なので故障することもなければ、温熱シートのように消耗品でもありません。汚れたら洗ったり拭いたりして半永久的に使えるので、紹介しているマッサージアイテムの中では段ドツでコスパのいいアイテムですね。
いかがでしたか?ここではご紹介しきれない顔のゆがみを取るアイテムなどもあるそうですよ。一度お店を覗いてみてはどうでしょうか。